• 大成建設・常磐開発特定建設工事共同企業体 いわき市立総合磐城共立病院 新病院建設事業 いわき市のグルメなランチ、求人や美容室・エステ・ネイルサロン、居酒屋の情報満載のポータルサイトです。
関連リンク Link

お知らせ・進捗情報

2017.11.27

10月末工事状況(上棟式を挙行しました)

 10月は鉄骨建て方工事のほか、11階~13階のコンクリート工事、外装工事、内装工事を行いました。
 11月は引き続き外装工事、内装工事と各所コンクリート工事を行っています。
 
 当工事では10月11日に上棟式を挙行しました。その時の様子を紹介します。
 
 上棟式とは建物の守護神と工匠の神にこれまでの工事が無事に進んだことを感謝するとともに、
竣工に至るまでの加護と建物の永遠堅固を祈願する儀式です。鉄骨造の場合は最後の鉄骨を組む際に行われます。

1.祝詞奏上(のりとそうじょう)
  施主・工事関係者の身元や土地の所在を神様にお伝えし、災いから守ってもらえるよう、
 神様に工事の安全をお願いして頂きました。



2.上棟の儀(じょうとうのぎ)
 ●清祓い(きよはらい)
  最後に組み立てる鉄骨梁を神主様にお祓いして頂きました。


 ●曳幕の儀(ひきまくのぎ)
  上棟梁にかけた幕を代表者が引いて、上棟梁をお披露目します。清水いわき市長、
 平いわき市病院事業管理者、大成建設㈱伊藤東北支店長、常磐開発㈱髙木社長に一斉に幕を引いて頂きました。


 ●鋲打の儀(びょううちのぎ)
  金メッキを施したボルトとナットをスパナで固定します。新谷いわき市総合磐城共立病院院長に
 ナット締めと、金槌での固定確認を行って頂きました。

※上棟梁に病院関係者や事業関係者のサインや寄せ書きを頂きました。

 ●吊上げの儀(つりあげのぎ)
  荘厳なBGMと盛大な拍手のなか、上棟梁を設置する位置までゆっくりとビームアップ(吊上げ)しました。



3.玉串奉奠(たまぐしほうてん)
  榊の小枝に紙垂(しで)をつけたもの(玉串)に自分の心をのせ、神様に捧げる儀式です。清水市長、
 平病院事業管理者、新谷院長、菅波いわき市議会議長、齋藤内郷地区区長会会長、㈱梓設計村本常務、
 大成建設㈱伊藤東北支店長、常磐開発㈱髙木社長にそれぞれ玉串を奉奠して頂きました。



4.ご挨拶
  発注者であるいわき市の清水市長、監理者である㈱梓設計からご挨拶を頂きました。
 また、施工者を代表して大成建設㈱からも挨拶をさせて頂きました。



5.現場見学会
  式典終了後、参列者の皆様による現場見学会を行いました。特徴が異なる9階、1階、免振層の3フロアを
 ご見学して頂き、JV施工担当者から工事の進捗状況や完成時の用途等を説明致しました。



 多くの皆様にご協力頂き、無事上棟を迎えることができました。今後は建物完成に向けて、
外装工事・内装工事・設備工事が佳境を迎えます。いわき市の皆様にご満足頂ける病院を完成
させるために、関係者一同、一丸となって工事を進めて参ります。